Monthly Archive: 2019-September

水虫に効くデノンソープという石鹸がある!日常使いに便利!
0

水虫に効くデノンソープという石鹸がある!日常使いに便利!...

冬になると寒さと空気の乾燥でカサカサになるという方も多いです。 でも季節は夏で乾燥しているどころか高温多湿環境となっているにもかかわらずカサカサというならば、それは水虫と同じく真菌が原因の脂漏性皮膚炎になっているのかもしれません。 たとえば頭皮にフケのようなものが出たり、皮膚が荒れてかさつき細かく剥がれ落ちたり炎症を起こして赤くなったり、痒みを伴うこともあります。 アレルギー性皮膚炎や刺激性皮膚炎といった病気とも似ているため、脂漏性皮膚炎とは気が付かないままに放っておいたり違った治療法を試しているケースも多いのです。 ただ、水虫同様に殺菌をしないと症状を改善することはできません。 慢性化する前にきちんと適切な対策を取ることにしましょう。 水虫の治療でも大活躍しているケトコナゾールは殺菌効果を持つため脂漏性皮膚炎の真菌にも最適なのです。 足に発生した水虫治療であればお風呂上りに足に塗っているでしょうが、脂漏性皮膚炎治療はお風呂でやるようにしてはいかがでしょう。 デノンソープという石鹸タイプの治療薬が出ているのです。 普通の石鹸をこちらに変えるだけですから日常使いに便利です。 わざわざ服用するといった手間はなく、それでいて効果が得られるのです。 ケトコナゾールが配合されていますから真菌の繁殖を抑えることが出来ます。 水虫やカンジダにも有効なので、これらの治療用に使用しても良いでしょう。 デノンソープの使い方ですが、普通の石鹸と同じです。 泡立ててお肌を洗うようにすればよいのです。 週に1回か2回程度を目安としてください、頻繁に使いすぎるとお肌が乾燥してしまうこともあるのです。 陰部や皮膚に発症するゼニタムシやいんきんたむしにも使いやすいはずです。 もちろん石鹸である以上は洗い流してから出てください。 そのまま成分を付けたままにしておくのもお肌にとって刺激が大きいです。 イミダゾール系のケトコナゾールですから副作用が起こることは少ないですが、軽く刺激感が出ることはあります。 もしも症状がひどければ医師の診察を受けるようにしましょう。 皮膚の弱い方はパッチテストをして大丈夫ならば使うようにした方が良いかも知れません。 併用注意・併用禁忌とされる成分はないものの、常用している薬があるなら併用可能かどうか医師に相談しておいた方が安心です。 水虫の菌を予防するための石鹸を常用しているというと恥ずかしくてという方もいるかもしれませんが、デノンソープは表面にDENONの文字が入っているだけの普通の石鹸にしか見えない外観です。 むしろピンク色で可愛らしく、インテリアとしても素敵だったりします。 パッケージもシンプルで水虫用とか大きく書かれているようなこともないのです。 日本では恥ずかしい病気とされる水虫ですが、家族やパートナーに知られることはないので安心して取寄せて日常使いしましょう。 ちなみに、頭に感染した場合にはソープでこするというのは大変です。 同じくケトコナゾール配合のデノンシャンプーというのがあるので、こちらもおすすめします。 同じくシンプルなパッケージはその用途を周りの人たちに特定されるようなことはありません。 それでいてケトコナゾールが真菌の活動を止めて完治へと向かわせてくれるのです。 ケトコナゾールのローションを市販のシャンプーに混ぜて自家製シャンプーを作るという方法もあります。 とにかく何らかのアクションを取るようにしてください。 デノンシャンプーも副作用があるので、何か有ればすぐに医師や薬剤師に相談することです。…