Monthly Archive: 2019-June

足を気にする女性
0

水虫には症状別に種類が分かれる!【基礎知識】...

冬場ではないのにかかとがカサカサになって荒れていったり、足の爪が白く変形してしまったなんて症状に悩まされてはいませんか。 特に夏場に症状がひどくなるので、サンダルを履いたりすると目立ってしまうのを防ごうと様々な美容クリームを塗っているかもしれません。 でも、それで治るようなことはないのです。 もし治ったと思っても、それは気候が涼しくなってきてちょっと落ち着いたというだけに過ぎません。 頭をきちんと洗っているはずなのに、フケが出てきて困るという方もいます。 様々なフケ用シャンプーが売られているかもしれませんが、買うべきは抗真菌効果がある成分の入っているものです。 なぜなら、これらの症状はいずれも水虫の白癬菌が繁殖したことを原因とするからです。 水虫というと足のみとは限らず、白癬菌の繁殖場所は皮膚や頭・手や爪など多岐に渡るのです。 厄介なことに、それぞれ患部が異なると同じ菌が原因となっているにも関わらず、症状も全く違ったものになってきます。 足に発生して痒みを伴うもの・皮膚がジュクジュクしてといった状態しか知らないからこそ、発見が遅れてしまうケースも多々あるのです。 かゆくてジュクジュクという一般に思い浮かべるもの・テレビCMなどでも紹介されるタイプは趾間型です。 趾間型はその名の通り、足の指の間に発生する水虫です。 むずむずとかゆく我々を苦しめるその水虫は、はじめは患部が赤くなり、そして白くふやけて皮がむげ痒いからとかきむしっていると爛れて液が出てきてジュクジュクした見た目になるのです。 まったくかゆみがない・むしろ乾いているのが角質増殖型です。 角質増殖型はかかと部分に発生することが多く、角質が分厚くなっていきます。 表面はザラザラに、そして皮がむけていくのです。 かゆみが無いからこそ、ついつい放置してしまいがちなタイプです。 足の裏や縁に出来るのが小水疱型です。 小水疱型の場合はかゆみが強く出てきます。 その名の通り、小さな水疱や膿泡が出来るのです。 ただ2ミリから3ミリ程度が通常なものの場合によっては大きな水疱になることもあります。 手や足に出来るのがつめの水虫・爪白癬です。 手に出来ると手白癬と呼ばれます。 爪白癬になると、爪は白く分厚く変形します。 やがてはボロボロになっていき、靴に当たって痛みを伴うようなこともあるのです。 つめの表面に縦ジワが出来ることもあります。 ちなみに、頭にフケやかさぶた・膿が出来たりするトリコフィトン・トンズランス感染症・皮膚真菌症が出来る方も、格闘技選手を中心に多いです。 顔や首・身体などのいたるところに米粒大の紅色の丘疹が出来て炎症やかゆみを伴うぜにたむし、太ももの内側に発症するいんきんたむしに頭部に出来るしらくもなどとにかくいずれも白癬菌が関係していると思っておいてください。 ぜにたむしやしらくもなどは、犬やネコなどのペットから感染することも多いです。 いんきんたむしは10代後半から20代男性によく出来ます。 ただし、中年男性の病気と考えられている水虫ですが足や手に関しては老若男女を問わず危険はあります。 特に最近は女性感染者も増えていることもあり、自身に感染することもないとは限りません。 一度感染すると自然治癒することはなく、白癬菌を退治しないと繁殖を続けて症状は悪化して行く一方です。 水虫の種類と症状を知っておくことで、万が一の場合に早期発見早期治療出来るようにしておきましょう。…

ニゾラールクリーム
0

水虫治療の定番ニゾラールの力...

水虫を引き起こす真菌・白癬菌はとても強いです。 カビの一種ゆえに高温多湿環境を好むのですが、人間の身体から落ちた角質の中にいる白癬菌は、角質・アカが乾燥して干からびてもその中で生き続けているのです。 その増殖スピードは早く、人が新陳代謝を繰り返す中で古い角質を捨ててしまうようにしていてもそれよりも先に新しい角質まで精力を伸ばしているので、どんどん症状が悪化して行くのです。 そんな水虫に対抗できるのは抗真菌薬だけです。 ニゾラールも水虫に有効な抗真菌薬の一つです。 水虫の原因となる白癬菌だけでなく、ガンジダ症やアスペルギルス症・脂漏性皮膚炎の治療薬として使われることもあります。 ガンジダなど、それぞれに関係する真菌への抗真菌作用を持つからです。 ニゾラールはイミダゾール系のお薬で、主成分はケトコナゾールです。 イミダゾール系は副作用が比較的少なく数種類の菌に対して抗真菌作用があるからこそ、病院でも処方されることが多いのです。 ケトコナゾールは、真菌の細胞膜の主成分・エルドステロールが合成されるのを阻害します。 そのため服用を続けることで真菌は発育を抑えられその勢力を弱められるのです。 水虫は完治可能なので、ニゾラールで白癬菌の息の根を止めてやりましょう。 その為には、正しい使用方法こそ必要となります。 脂漏性皮膚炎など皮膚炎・すなわち皮膚に感染することもあります。 頭や手など白癬菌の発生場所は異なるのです。 ニゾラールにはクリームと軟膏・ローションと3種類あり、その成分は変わらないものの使い分けされます。 特に使い勝手の良さで幅広く使われるのが塗り薬タイプのニゾラールクリームというわけです。 浸透力が抜群なローションタイプは、皮膚の厚い患部に使われることが多いです。 ただ刺激が強すぎるといったデメリットがあるので、クリームタイプを処方されることもあるかもしれません。 頭に出来ている場合には、市販のシャンプーに混ぜて使われることもありますし日本には無いものの海外からの個人輸入でニゾラール配合シャンプーを購入して使ってみても良いでしょう。 いずれもケトコナゾールの力で完治させてくれる、強い味方となります。 真菌に対して強い力を持つニゾラール、それゆえに人の身体に対しての影響も強く副作用が出ることも多いのです。 真菌の細胞膜合成を阻害するのみで人間の細胞の動きを止めるようなことはありませんが、熱感・ヒリヒリと刺激感を感じたり発赤やかゆみ・かぶれなど刺激を感じて接触性皮膚炎を起こす可能性があるのです。 それでも無理して使用するのは危険です、すぐい水で洗い流し医師や薬剤師に相談してみてください。 ローションタイプからクリームタイプに変えるなど、対処してくれるはずです。 イミダゾール系真菌薬も、それ以外の系統も様々有るので、ニゾラールだけが水虫の薬ではないのです。 ただ、皮膚に塗った時にちょっとした刺激感程度なら多くの方が感じるはずです。 その程度ならそれほど心配せず、治療を続行してよいのです。 白癬菌を退治する為には医師と二人三脚で進めていくことをおすすめします。 用法用量を守ってニゾラールを使っていれば、大きな副作用へと発展する危険性も少なくもう一度きれいな皮膚・頭・足や手を取り戻すことが出来るのです。 勿体無いからと患部のみに塗るのではなく、それよりも広範囲に毎日使用してください。 症状はまだ見られていなくとも、すでに真菌が広がってこっそり潜んでいる可能性もあります。 全部きれいになったと思ってもそのまま数ヶ月は続け、医師にもう一度診察してもらって白癬菌が居なくなったことが分かってようやく完治です。